コロナ感染の阪神・伊藤隼が退院 - SANSPO.COM(サンスポ)

コロナ感染の阪神・伊藤隼が退院

更新

阪神・伊藤隼  阪神は5日、新型コロナウイルスに感染し、大阪府内の病院に入院していた伊藤隼太外野手(30)が退院したことを発表した。

<< 下に続く >>

 球団を通じて「この度は、応援していただいているファンの皆様をはじめ、野球界に携わる多くの方々にご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした。今後、プロ野球選手として、これまで以上に真摯に野球に取り組んでまいります」とコメント。

 伊藤隼は同僚の藤浪が球界で初めて新型コロナウイルスに感染したことが発覚した翌日の3月27日、長坂とともに感染していたことが発覚。そのまま入院していた。3選手は14日に複数の人数が集まった会食に参加していた。

PR