西武・飯田本部長、シーズン143試合の削減可能性に「経営に影響も仕方ない」 - SANSPO.COM(サンスポ)

西武・飯田本部長、シーズン143試合の削減可能性に「経営に影響も仕方ない」

更新

12球団・3日の動きと今後の予定  日本野球機構(NPB)は3日、東京都内で12球団代表者会議を開き、公式戦開幕を、目指していた4月24日からさらに延期すると決めた。

<< 下に続く >>

 12球団代表者会議を終え、西武・飯田球団本部長はシーズン143試合が削減される可能性について「経営に影響がでることは間違いないが、安全な状態でお客さまにプロ野球を見ていただく上で仕方のないこと」とコメントした。球団は新型コロナウイルスの感染防止に消毒薬、サーモグラフィーなどの設置を準備している。「皆さまに納得してもらう形ではないと開幕することはできないし、延期はやむを得ない」と語った。

PR