元楽天監督の梨田昌孝氏が新型コロナ感染 重度の肺炎で入院 - SANSPO.COM(サンスポ)

元楽天監督の梨田昌孝氏が新型コロナ感染 重度の肺炎で入院

更新

梨田昌孝氏  プロ野球楽天などで監督を務めた、野球評論家の梨田昌孝氏(66)が新型コロナウイルスに感染したと1日、マネジメント会社が発表した。感染経路は不明という。

<< 下に続く >>

 同社によると梨田氏は3月25日に倦怠感を訴え、28日に発熱、30日に呼吸困難の症状が出たため病院で受診。31日に重度の肺炎と診断されて大阪府内の病院に搬送されて入院し、4月1日に陽性が判明した。集中治療室(ICU)に入っているという。

 プロ野球では阪神の藤浪晋太郎投手と伊藤隼太外野手、長坂拳弥捕手がPCR検査で陽性反応が出ている。

 梨田氏は1972年に島根・浜田高からドラフト2位で近鉄入りし、強肩捕手として活躍した。2000年に近鉄の監督に就任し、翌年にリーグ優勝。04年にオリックスとの合併で球団が消滅し、近鉄最後の監督となった。08~11年は日本ハムで指揮を執り、09年にリーグ制覇。16年から18年途中まで楽天を率いた。

PR