DeNA・平良、被弾3回3失点もラミレス監督「ローテに入らない理由がない」 - SANSPO.COM(サンスポ)

DeNA・平良、被弾3回3失点もラミレス監督「ローテに入らない理由がない」

更新

ベンチに戻るDeNA先発・平良拳太郎(右)と伊藤光=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)  DeNA・平良拳太郎(24)が24日、阪神との練習試合(横浜)に先発。一回に3ランを浴びたが、3回4安打4奪三振、3失点と粘った。

<< 下に続く >>

 「スライダーがブルペンではよかったけど、試合に入ると曲がりが悪く、ストレートもあまり良くなかった。イニング間のキャッチボールを行い、修正できた」

 一回先頭の木浪のボテボテの投ゴロを握り損ね、内野安打で出塁を許すとマルテを歩かせ一、二塁。2死から5番・サンズに外角の速球を左中間へ運ばれた。

 それでも、横手投げからのスライダー、カットボール、シンカーを巧みに操り、二、三回は走者を背負いながらも無失点で切り抜けた。

 右腕について、ラミレス監督は「本塁打だけはよくなかったが、終始安定していたし、悪くなかった。安定性や投球の組み立て方などを見ても、けがさえなければローテに入らない理由がない。どの試合になるかはまだわからないが、間違いなく入る」と改めて、開幕ローテ入り確定を明言した。

PR