ヤクルト・古賀、右翼線2点打でOP戦9打数6安打!「集中してやれている」 - SANSPO.COM(サンスポ)

ヤクルト・古賀、右翼線2点打でOP戦9打数6安打!「集中してやれている」

更新

8回、2点適時二塁打を放つヤクルト・ 古賀(撮影・蔵賢斗)  ヤクルトは7日、ロッテとのオープン戦(神宮)に3-8で敗れた。高卒4年目の古賀優大捕手(21)が七回に嶋の代走で出場。この日の初打席となった八回2死満塁からは、右翼線へ2点二塁打を放った。

<< 下に続く >>

 マウンド上にはロッテの守護神、益田。実績もある右腕の速球に逆らわず、はじいた。オープン戦は途中出場が多い中で、驚異の9打数6安打。好調の要因を聞くと「一番はその打席に集中してやれていることですね。あとは、去年からやってきたことがいま形となって出ていると思う」とうなずいた。

 今春のキャンプでは、5人の捕手が1軍に帯同。現在も嶋、中村、西田と古賀の4人が1軍に帯同している。西田は一塁手も守れるが、開幕1軍入りへ決して気は抜けない状況だ。

 「開幕メンバー、スタメンは決まっていないと思う。まずはメンバーに入ることを一番にやっていけたら」と古賀。成長著しい21歳が、大舞台で花を咲かす。

PR