日本ハム・宇佐見、存在感示す2点適時打「食らいついた」 - SANSPO.COM(サンスポ)

日本ハム・宇佐見、存在感示す2点適時打「食らいついた」

更新

 (オープン戦、阪神1-12日本ハム、7日、甲子園)日本ハムの宇佐見が持ち前の打力で正捕手取りへアピールした。一回にガンケルの低めの速球を左前に運ぶ2点適時打を放った。「食らいついた。いい場面で打てて良かった」と笑顔を浮かべた。

<< 下に続く >>

 ポジションを争う清水は右肘の炎症でチームを離れている。昨季、巨人からトレードで移籍してきた男が存在感を示した。

栗山監督(中田の本塁打に)「入るとは思わなかったね。すごかった」

ロドリゲス(4回無失点)「走者を背負った場面でも落ち着いて抑えることができた」

試合結果へオープン戦日程へ順位表へ

PR