阪神、新外国人2人は無安打 ボーア「タイミングを取るのが遅れていた」 - SANSPO.COM(サンスポ)

阪神、新外国人2人は無安打 ボーア「タイミングを取るのが遅れていた」

更新

4回、三振に倒れた阪神・ボーア=ANAボールパーク浦添(撮影・中島信生)  (オープン戦、ヤクルト2-2阪神、24日、沖縄・浦添)オープン戦に初出場した阪神の両新外国人、ボーアとサンズはともに無安打に終わった。

<< 下に続く >>

 ボーアは一回にサウスポー石川の術中にはまって見逃し三振。四回は小川に外角へ直球を決められて手が出ず、再び三振に倒れた。「タイミングを取るのが遅れていた。これから修正していきたい」と課題を口にした。

 サンズは二回は先頭で一ゴロ、五回は小川のフォークボールに空振り三振。結果より内容重視の段階とあって、開幕カードでぶつかるヤクルト投手陣との対戦で「しっかりと投球を見られたことは良かった」と収穫を強調した。

試合結果へオープン戦日程へ順位表へ

PR