【上田二朗 サブマリン斬り】阪神D2・井上、非凡なセンス目の当たり…清原、浜中の印象が重なる - SANSPO.COM(サンスポ)

【上田二朗 サブマリン斬り】阪神D2・井上、非凡なセンス目の当たり…清原、浜中の印象が重なる

更新

2回、阪神・井上がレフトに本塁打を放った=高知市東部総合運動場野球球場(撮影・林俊志)  阪神2軍春季キャンプ練習試合(23日、高知・安芸)直球を待ちながら、抜けたスライダーに反応し、詰まりながらも本塁打。井上の非凡なセンスを目の当たりにした。

<< 下に続く >>

 少しでも甘い球がくればしっかりとバットに乗せ、角度をつけることができる。清原和博(元巨人など)や浜中治(前阪神打撃コーチ)の印象を重ねた。遠くに飛ばすことができるのは天性の才能。投手にとっては投げミスが致命傷になるため、これほど怖い打者はいないだろう。

 2打席目以降、変化球でタイミングを狂わされたように、対応力という点でまだまだ課題はある。カーブなど緩急をつけられたときにどうなるかも今後、見ていきたい。今は「すごいけど、もろい」状態だが、そのもろさは打席を重ねるたびに解消するはずだ。

 高卒1年目だが、素材だけを考えれば今季中の1軍出場も可能だとは思う。ただ、まずは2軍で継続的に結果を出させることを最優先にしてほしい。その上で夏場以降、昇格のタイミングを考えたらいい。近年、阪神にいなかった長距離型。首脳陣の育成手腕にも期待したい。 (サンケイスポーツ専属評論家)

キャンプ日程へ

PR