巨人・サンチェス、来日後初実戦も乱調「失投が多かった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

巨人・サンチェス、来日後初実戦も乱調「失投が多かった」

更新

1回を投げ終えた巨人・サンチェス=沖縄セルラースタジアム那覇(撮影・中井誠)  (オープン戦、巨人8-9広島、24日、沖縄・那覇)巨人のサンチェスは先発して来日後初めて実戦のマウンドに上がったが、甘い球を痛打される場面が目立ち、1回5失点で降板する乱調だった。2点を失ってさらに2死一、二塁とピンチを広げ、安部に直球を本塁打された。「腕の振りは良かったが、タイミングが悪くて球が浮いた。失投が多かった」と反省した。

<< 下に続く >>

 速球は150キロ前後をマークするなど能力の片りんは見せた。先発陣の柱と期待する原監督は「球は良かった。いい薬になったというかね」と次回登板での奮起を促した。

試合結果へオープン戦日程へ順位表へ

PR