中日開幕投手の大野雄、力んで連打浴びる「腕の振りなどが難しいと思った」 - SANSPO.COM(サンスポ)

中日開幕投手の大野雄、力んで連打浴びる「腕の振りなどが難しいと思った」

更新

先発の中日・大野雄=北谷公園野球場(撮影・松永渉平)  (オープン戦、中日4-7DeNA、23日、沖縄・北谷)中日で開幕投手を務める大野雄は今季の初実戦で5安打を浴び、3回5安打3失点(自責点2)だった。久々の実戦に「腕の振りなどが難しいと思った。力んで投げることが多かった」と淡々と話した。

<< 下に続く >>

 一回はいきなり神里、新外国人オースティンに連打されるなど2失点。二回もこの2人に甘い球を続けて安打された。大野雄は厳しい結果にも下を向かず「どうしようもない点の取られ方ではなかった。左の打者に対して厳しいコースに投げられるようにしたい」と冷静だった。

柳(今季オープン戦初登板は3回4失点)「チェンジアップをことごとく打たれた。うまくいかなかった」

試合速報へオープン戦日程へ順位表へ

PR