西武・松坂、17年ぶり“新人時代フィーバーの地”春野で練習 - SANSPO.COM(サンスポ)

西武・松坂、17年ぶり“新人時代フィーバーの地”春野で練習

更新

1999年の新人時代にフィーバーを起こした=高知・春野球場  西武春季キャンプ(21日、高知・春野)西武・松坂大輔投手(39)が21日、2003年以来17年ぶりに高知市の春野総合運動公園野球場での練習に臨んだ。

<< 下に続く >>

 「当時の記憶はありますけど、覚えていないことも多い。球場もだいぶ変わって、きれいになった」

 1999年の新人時代にフィーバーを起こした地で遠投やダッシュなどを行った。当時は報道陣やファンによる混乱を避けるため、同僚投手の谷中真二が松坂の“影武者”となり、多くの目をあざむいた。

 22日はロッテとの練習試合が予定されており、最速163キロを誇る“令和の怪物”の佐々木朗と初対面する可能性がある。“平成の怪物”は「興味はある。タイミングが合えば(投球を)見たい」と心待ちにした。

 19日にはフリー打撃に登板し、実戦登板に向けて前進。西口投手コーチは「高知での状態を見て順調なら(宮崎に)連れていく」と、25-27日の宮崎遠征に帯同させる可能性を示した。 (樋口航)

キャンプ日程へ

PR