「U18アジア野球選手権」は馬淵JAPAN!明徳の名将が指揮 - SANSPO.COM(サンスポ)

「U18アジア野球選手権」は馬淵JAPAN!明徳の名将が指揮

更新

 日本高野連は19日、今夏の甲子園大会後に台湾・高雄で開催されるU18アジア野球選手権大会に出場する高校日本代表監督に、明徳義塾高の馬淵史郎監督(64)を選任したと発表した。

<< 下に続く >>

 馬淵監督は1990年に同校の野球部監督に就任。甲子園では歴代4位タイの通算51勝を挙げている。高校日本代表は昨夏のU18W杯まで前報徳学園高監督の永田裕治氏(56)が指揮していた。4月3日から3日間の研修合宿が行われる。

 また、ヘッドコーチは花咲徳栄高の岩井隆監督(50)、コーチは智弁学園高の小坂将商監督(42)と沖縄尚学高の比嘉公也監督(38)が務める。

PR