左エースや!阪神・遥人が3回0封、矢野監督絶賛「貯金たくさんしてくれるでしょう」 - SANSPO.COM(サンスポ)

左エースや!阪神・遥人が3回0封、矢野監督絶賛「貯金たくさんしてくれるでしょう」

更新

高橋は七回から登板して3回を無失点。緩急をつけて追加点を許さなかった(撮影・松永渉平)  春季キャンプ練習試合(16日、阪神7x-6楽天、沖縄・宜野座)投手陣は楽しみいっぱいや~! 阪神・高橋遥人投手(24)が楽天との練習試合(宜野座)で3回3安打無失点と好投し、サヨナラ勝ちをおぜん立て。緩急を生かした投球で3年目の進化を披露し、矢野燿大監督(51)は先発ローテの一角どころか、柱として期待した。先発した新助っ投のジョー・ガンケル投手(28)=前マーリンズ3A=も、2回無失点と好投した。

<< 下に続く >>

 白球が力強くミットをたたくたびに、歓声と拍手が響いた。打者を圧倒してベンチに戻る姿は、大物感たっぷり。2度目の登板を終えた高橋が、確かな手応えを口にした。

 「よかったと思います。ハナマルです」

 七回から登板して、3回3安打無失点でサヨナラ勝ちを呼び込んだ。七回2死三塁では黒川から147キロで見逃し三振を奪うと、八回も1死三塁で代打・和田、代打・内田を連続三振。さらに九回2死、田中を146キロで見逃し三振に仕留めた。

 「練習してきたことが出せました」

 自己採点のハナマルは結果よりも内容だ。4奪三振は、すべて直球で見逃し。最速148キロを計時した魅力はもちろん、120キロ前後のカーブも駆使してカウントを整えた。矢野監督は「だから決め球で直球も効いてくる投球になっているし、打者も迷うというか、何が来るのかなっていうような感じ」と評価。将が注目した投球術こそ、左腕の進化だ。

 「昨年はストレート系だけで、やられたので。直球が悪い時も、直球をどう見せるかを考えて緩急を練習してきました」

 自身4連敗で終えた昨季終盤は、自慢の直球を狙い打ちされた。持ち味を生かすため、昨秋キャンプからカーブなど緩いボールの習得に取り組んできた。オフの成果を示した24歳を指揮官は「あれくらいできると思っている。別にきょうが特別だと思っていない。2桁(勝利)なんて、そんな低いふうに思っていなくて、貯金をたくさんしてくれる投手になってくれるでしょう」と絶賛。先発の一角を飛び越え、開幕投手最有力候補・西勇との2枚看板級の活躍を期待した。

 背番号29は「(課題の)左打者の内角も攻められました」と充実感たっぷり。キャンプ前半は力を入れるとシュート回転したという直球も「第3クールで修正できました」と納得して、さらにアクセルを踏んだ。

 「ローテーション争いは続くので、結果にこだわっていきます」

 反省を踏まえたひと冬の成長は本物。2020年は、未来のエース候補が「期待の若虎」を卒業するシーズンだ。 (安藤理)

高橋について巨人・中里スコアラー「すごくよかった。前より変化球でカウントが取れるようになった。勝負球の真っすぐが決まっていて、見逃し三振を何個も取っていた」

今キャンプの高橋

 ★2日 キャンプ初のフリー打撃に登板して59球を投げたが、27球がボールと乱調。習得中のカーブを多投した影響で「しっかり修正していきたい」

 ★5日 ケース打撃に登板し、打者6人に1安打と早速、修正に成功。宜野座を訪れた侍ジャパンの稲葉監督にも注目選手として名前を挙げられ「知ってもらえているだけでありがたいです」

 ★9日 日本ハム戦(宜野座)で対外試合初登板。2回を2安打1失点(自責0)に抑え、「カーブもストライクが入っていました」とホッとした表情をみせた

 ★11日 1日キャプテンを担当し「今年は去年よりもポジティブにいきます」とあいさつして笑いを誘った。ブルペンでは今キャンプ最多の140球を投げた

キャンプ日程へ

PR