ヤクルト・吉田喜、打撃投手で好投 高津監督「変化球は良かった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

ヤクルト・吉田喜、打撃投手で好投 高津監督「変化球は良かった」

更新

フリー打撃に登板するヤクルト・吉田喜=ANA SPORTS PARK 浦添(撮影・長尾みなみ)  ヤクルト春季キャンプ(17日、沖縄・浦添)ドラフト2位新人の吉田喜(日体大)が打撃投手を務めた。宮本と広岡に対して41球を投げ、安打性の当たりは2、3本だけ。「前回、打撃投手をした時は右打者の外角への直球がスライダー気味になっていたが修正できた。早く試合で投げたい」と投球内容に納得できた様子だ。

<< 下に続く >>

 気温が14度と低く、強風が吹いたこともあり、直球は140キロ前後だった。高津監督は「変化球は良かった。球速はもっと出ると思う。これからゲームに投げて先発か中継ぎかの適性を判断したい」と期待を込めて語った。

キャンプ日程へ

PR