広島、3連勝も佐々岡監督「課題多い」 - SANSPO.COM(サンスポ)

広島、3連勝も佐々岡監督「課題多い」

更新

広島・佐々岡監督  春季キャンプ練習試合(16日、中日8-13広島、沖縄・北谷)広島が16日、中日との練習試合(北谷)に13-8で打ち勝ち、対外試合3連勝を飾った。しかし、開幕カードの前哨戦に勝利しても佐々岡真司監督(52)は厳しい表情だった。

<< 下に続く >>

 「打つ方は結果が出ているが、投手は課題の多い選手がいる」

 一回に西川のソロで先制。四回には打者10人で5点、五回にも打者11人で6点を奪うなど、23安打を放って13点を奪ったが、投手陣がピリッとしなかった。

 開幕ローテ候補の先発・床田は2回1失点、その後も山口、九里、ケムナが失点を重ねて計8失点。野村が右ふくらはぎの肉離れで離脱している中、アピールしてくる投手が出ていない。

 球団では53年ぶりの投手出身監督は、開幕の前哨戦に勝ったという質問にも、「メンバーがメンバーなのでね」とそっけない反応だった。 (柏村翔)

キャンプ日程へ

PR