【挑む男】西武・森、捕手として打者として「日本一」の選手会長に - SANSPO.COM(サンスポ)

【挑む男】西武・森、捕手として打者として「日本一」の選手会長に

更新

ノックバットで打ち込む森。さらなる飛躍を目指す (撮影・荒木孝雄)  12球団のキーマンに迫るインタビューの第4回は西武・森友哉捕手(24)。新選手会長として臨むプロ7年目の“打てる捕手”がリーダーとしての覚悟、リーグ3連覇への熱い思いを打ち明けた。昨季は捕手として1965年の野村克也さん以来、パ・リーグでは54年ぶり2人目となる首位打者(打率・329)に輝き、最優秀選手も受賞。野村さん以来となる捕手での三冠王の期待がかかる今季も、攻守でチームを力強く引っ張る。 (取材構成・樋口航)

<< 下に続く >>

 --仕上がり具合は

 「順調だと思います。でも、全身筋肉痛。自主トレで結構追い込んでやってきたつもりだったけど、ユニホームを着れば、また違う疲れがある」

 --選手会長に就任し気持ちに変化は

 「特別変わることはないけど、去年はシーズンを通してキャッチャーで出たので、その経験を生かせればいい」

 --人前で話す機会が増えたのでは

 「しゃべることだけが嫌ですね。それは源さん(新主将の源田)に代わってほしい。慣れることはない。まだ野球をやっている方が緊張はしないです」

 --打撃ではノックバットでのロングティーに取り組んでいる

 「ある程度振り込んできたけど、まだまだですね。体を大きく使うこと、スイング軌道の確認で小さい頃からやっています」

 --今キャンプでは打撃と守備のどちらを重視

 「キャッチャーですね。キャッチング、ブロッキング、スローイングを基礎から鍛え上げています」

 --ブルペンでは松坂投手の球も受けた

 「レジェンド。ピッチャー陣のお手本になってくれればいいですね。メジャーも経験されていますし、若い投手にそれを伝えてもらえば、チームの底上げになる」

 --バッテリーで勝つ試合を増やすためには

 「バッテリー間の時間を多くつくって、コミュニケーションをとっていい形でシーズンに入りたい」

 --森選手にとって捕手とは

 「他のポジションと違って“第2の監督”といわれますけど、その通りだなと思います」

 --将来的に目指す捕手像は

 「阿部さん(現巨人2軍監督)ですね。打てる捕手を目指したい」

 --昨季は首位打者に輝き、他球団のマークが厳しくなる

 「シーズンが始まっていないので、配球とかは分からないですけど、シーズンが始まって打てなくなったときに対応できるような引き出しを増やしていきたい」

 --目標は

 「もちろん首位打者は取りたいし、3割はキープしたい。それ以上に、まずは打撃よりも守りの部分でチームを多く勝たせられるような配球をしていきたい。バッテリーで1試合でも多く勝ちたい」

 --チームとしては

 「まずはリーグ3連覇。昨年、一昨年とクライマックスシリーズ(CS)で悔しい思い(ファイナルステージで敗退)をしているので、何とか勝って日本一を目指したい」

 --東京五輪もある

 「出られればいいけど、シーズンを戦い抜く体力だったり、3連覇を目指して、3連覇するにはどうしたらいいのかで頭がいっぱいですね」

★もっといじってほしかった

 昨季は打率.329をマークし、捕手としてプロ野球史上4人目、パ・リーグでは南海の野村克也さん以来54年ぶりとなる首位打者に輝いた森。今季は、野村さん以来、捕手では2人目の三冠王も期待される。野村さんとは、テレビの取材などで顔を合わせたことがあるが「髪形とかひげをよく“いじって”もらっていたので、それがなくなると思うと寂しい」と故人をしのんだ。

★取材後記

 初めて球団担当として臨んだ個別インタビューの取材。森選手と同じ1995年生まれの記者だが、金髪とがっしり体格で堂々と歩く姿にオーラを感じた。激しいトレーニングの直後にもかかわらず、疲れた顔を見せることなく、敬語で一問一問丁寧に答えてくれる姿は、年齢以上に大人びてみえた。

 24歳の若さで選手会長と正捕手を務める。「バッテリーで勝てる試合を増やしたい」との言葉通り、リーグ3連覇を狙うチームの扇の要としての自覚をひしひしと感じた。今年も攻守にわたって活躍し、チームを3連覇に導いてくれることを“森世代”として期待している。 (西武担当・樋口航)

森 友哉(もり・ともや)

 1995(平成7)年8月8日生まれ、24歳。大阪府出身。大阪桐蔭高2年時に春夏連覇を達成するなど4季連続で甲子園に出場。2014年ドラフト1位で西武入団。1年目に高卒新人では46年ぶり3人目の3試合連続本塁打を記録。昨季は正捕手としてリーグ2連覇に貢献し、MVP、捕手では4人目となる首位打者、2年連続のベストナインに輝いた。170センチ、80キロ。右投げ左打ち。独身。年俸2億円。背番号10。

PR