ソフトB・和田、城島氏のいじりに「警察にいこうかな」 ブルペンで111球 - SANSPO.COM(サンスポ)

ソフトB・和田、城島氏のいじりに「警察にいこうかな」 ブルペンで111球

更新

ソフトバンクのキャンプ視察を終え、報道陣の質問に答える城島会長付特別アドバイザー=宮崎  ソフトバンク・和田毅投手(38)が9日、ブルペン投球を行いキャンプ最多の111球。充実の汗をぬぐい、順調な調整ぶりを見せた。

<< 下に続く >>

 「変化球を投げ始めたらよくなってきたので、今日は投げておこうかなと思って。まだ全然投げられました」

 スライダーをはじめ、変化球を解禁。「ラインが出てきた」とうなずいた。昨年は左肩痛の影響で満足にキャンプを送ることができなかったが「2016年以来ですかね」と今年は万全を強調。体の状態を最多勝イヤーにたとえ、力を込めた。

 前日8日、チーム宿舎の食事会場では城島健司会長付特別アドバイザーを含めた数選手と2時間、話し込んだという。「和田が投げるときは僕の権限でスピードガンを10キロ増しにしておきます」という城島氏に、和田も「いじりがエスカレートしていますね…。そろそろパワハラで警察にいこうかな」と“対抗”。9日で一度宮崎を離れる城島氏。直接ボールを受けてもらうことはなかったが「今年でいなくなられるわけじゃないので、しれっとどこかで」と名バッテリー復活を、和田自身も期待した。

キャンプ日程へ

PR