文武両道や!阪神・近本、学問の神様・菅原道真公になる「みんなが笑顔になる1年に」 - SANSPO.COM(サンスポ)

文武両道や!阪神・近本、学問の神様・菅原道真公になる「みんなが笑顔になる1年に」

更新

近本は福玉まきをする。道真公にあやかって文武両道でいく(撮影・甘利慈)  虎の道真公になる! 阪神・近本光司外野手(25)が25日、大阪市北区の大阪天満宮で行われた、参拝客にボールをまくイベント「福玉まき」に参加した。学問の神様、さらには弓矢の名人として知られる菅原道真をまつる神社。目前に迫った2年目の春季キャンプでは、道真公のように“文武両道”とすることを宣言した。

<< 下に続く >>

 学問の神様・菅原道真公をまつり、多くの受験生が足を運ぶ大阪天満宮。近本は目を閉じ、静かに祈りをささげた。道真公の御利益にあやかり、文武両道を目指す。まずは“文”のレベルアップだ。

 「野球もそうですけど、いろいろなことをちょっとずつ勉強していきたい。本を読みたい」

 昨春キャンプは1年目とあって本を読むヒマもなかったが、今年は時間を見つけて読書にいそしみ、知識を吸収する。すでにこのオフからさまざまな本を読んでおり、キャンプにも「携帯(電子書籍)と、何冊かはもっていこうかな」。現在は武術家・高岡英夫氏の著書を読み進めていて「どう(野球に)つながるかはまだ分かりませんが、意識してトレーニングはしています」と言う。

 もちろんアスリートとして“武”も磨く。道真公は弓の名手としても知られているが、自身も正確な送球で、昨季は両リーグトップの10補殺を記録。だが「走られないことが一番の理想」と究極の目標を口にした。

 「チャージが一番、大事ですね。あとは守備位置、ポジショニング」

 弓を射ることなく、構えただけでくぎ付けにする。打球が近本の前に飛んだだけで、走者が戦意喪失するような守備こそ理想。1年目で盗塁王を獲得したスピードをもってすれば、不可能ではない。春季キャンプは他球団のスコアラーも視察に訪れる。“近本が捕ったら簡単には走れない”と印象づけるには、もってこいの機会だ。

 この日、福玉まきには気温8度の寒空のなか、約2500人が詰めかけた。どんなときも熱い声援をくれるファンのため、最後は虎党が待ち望む言葉で締めた。

 「今年、リーグ優勝、日本一をとって、みんなが笑顔になる1年にしたいと(神様に)お願いしました。いい笑顔になれるように、なるように頑張りたいと思います」

 2月1日に迫った春季キャンプ。祈りをささげるファンのために、大きく成長する。 (原田遼太郎)

菅原道真

 平安時代の貴族、学者、詩人、政治家。5歳で和歌を詠むなど神童として知られ、成長して宇多天皇のもとで政治家として活躍した。しかし、謀反の疑いをかけられ、太宰府へ流されて死去。死後は学問の神様として、全国の天満宮でまつられている。弓矢の名手としても知られ、百発百中の腕前だったとされている。

PR