阪神・守屋「被害届を出すのは人としてあり得ない」暴行容疑に反論会見 - SANSPO.COM(サンスポ)

阪神・守屋「被害届を出すのは人としてあり得ない」暴行容疑に反論会見

更新

会見する阪神・守屋=西宮市(撮影・二星昭子)  妻に暴行してけがをさせたとして、兵庫県警西宮署が傷害の疑いで阪神・守屋功輝投手(26)を書類送検していたことが22日、分かった。20日付。妻が昨年、暴行を受けたとして西宮署に被害届を提出していた。

<< 下に続く >>

 守屋は問題発覚から一夜明けた23日、兵庫・西宮市内の球団事務所で会見。「事実と異なることが多く、今後については弁護士と話し合い、法的措置を取ることも検討している」と語った。「妻の方から暴れ出して引っかかれたり、そういうことを止めるために手首を持ったことはある」と釈明した。「夫婦のことなのでそんなことで被害届を出すのは人としてあり得ないと思っている」と反論した。

 岡山県出身の守屋は地元の倉敷工高からホンダ鈴鹿を経て、2015年にドラフト4位で阪神に入団。昨季は5年目でプロ初勝利を挙げるなど、自身最多57試合に登板して2勝2敗、防御率3・00だった。

PR