巨人・原監督、金田正一さん『お別れの会』の弔辞で思い「父であり師匠であり憧れの先輩でした」 - SANSPO.COM(サンスポ)

巨人・原監督、金田正一さん『お別れの会』の弔辞で思い「父であり師匠であり憧れの先輩でした」

更新

金田氏の写真に語りかけるように弔辞を読んだ原監督。思いを受け継いでいく (撮影・中井誠)  国鉄(現ヤクルト)、巨人で歴代最多の通算400勝を挙げ、昨年10月6日に急性胆管炎による敗血症のため86歳で死去した金田正一氏の「お別れの会」が21日、東京・千代田区の帝国ホテルで開かれた。式典では巨人・原辰徳監督(61)が弔辞を読み、巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(83)、ソフトバンク・王貞治球団会長(79)ら巨人のV9時代にともに戦った盟友や野村克也氏(84)=サンケイスポーツ専属評論家=ら各界から約600人が出席。偉大な足跡を残した故人をしのんだ。

<< 下に続く >>

 花で野球のグラウンドがかたどられた祭壇には、金田氏が2009年5月24日にヤクルト-ソフトバンク(神宮)で始球式を務めた際の写真が飾られた。「お別れの言葉」として弔辞を読んだのは巨人・原監督。故人に語りかけるように、遺志を継承する覚悟をにじませた。

 「私にとって父であり、師匠であり、前人未到の400勝投手、憧れの先輩でした。金田さんから頂戴した、たくさんの教えは私が後世に伝えていきます」

 大役は喪主で長男の俳優、賢一氏(58)の強い希望で実現した。神奈川・東海大相模高3年時にゴルフ場で初めて会ったときのエピソードで会場の笑いを誘いながら、あふれさせたのは金田氏も抱いた球界発展への熱い思い。式典後には「自分のプレーでファンが喜ぶ。ファンがあってのプロ野球選手だということは常々言われていました。そのことを、しっかり継承したい」とうなずいた。

 金田氏といえば、数々の大記録に加え、語り継がれるのが国鉄時代の長嶋氏との初対決だ。1958年4月5日の後楽園球場。立大から鳴り物入りで巨人に入団したルーキーは4打席連続三振に斬られた。1年目の対戦成績は打率・179(28打数5安打)、1本塁打、4打点。プロのすごみを見せられた。

 その長嶋氏は、現在もリハビリに励む毎日。遺族側にも、出席については体調次第と連絡していた。「あの日、金田さんからプロの洗礼を浴びたことで、私の野球人としての人生がスタートしたといっても過言ではありません」と弔電が代読され、野村克也氏、元東京都知事の石原慎太郎氏(87)らが座る最前列にも席はなかった。

 しかし、ミスターは献花が始まると会場に姿を見せた。公の場は昨年9月27日の巨人-DeNA(東京ドーム)以来。以前よりふっくらした顔つきで、関係者の肩を借り、祭壇へ歩を進めた。

 長嶋氏のほか、ともに巨人でV9時代を支えることになった王貞治氏ら“盟友”も参列した。金田氏に指導者としての心構えを教えられたという原監督は、そんな偉大な先輩たちを前に「今季も良い報告を」と問われ「そうですね。昨年はペナントレースにおいて、自分のことのように思ってくださっていましたね」と、巨人V2への決意を新たにした。

 そうそうたる球界OBが集い、金田氏との別れ惜しんだ。大投手の野球への情熱は盟友、後輩たちに受け継がれ、永久に失われることはない。

原 辰徳(はら・たつのり)

 1958(昭和33)年7月22日生まれ、61歳。神奈川県出身。東海大相模高、東海大を経て81年ドラフト1位で巨人入団。1年目から活躍し、通算成績は1697試合に出場、打率・279(1675安打)、382本塁打、1093打点。主なタイトルはMVP、打点王各1度、新人王。95年の引退後は2002、03年と06-15年に巨人を指揮し、昨季に3度目となる監督就任。リーグ優勝8度、日本一3度。09年WBCでは監督として日本を連覇に導いた。180センチ、86キロ。右投げ右打ち。既婚。昨季年俸3億円。背番号83。

PR