堀内恒夫氏、高木守道さんに「3回デッドボールを当てちゃって…」 - SANSPO.COM(サンスポ)

堀内恒夫氏、高木守道さんに「3回デッドボールを当てちゃって…」

更新

堀内恒夫氏   プロ野球元巨人監督の堀内恒夫氏(72)が18日、ブログを更新。中日で通算2274安打を放つなど二塁手として活躍し、監督も務めた高木守道さんが17日に急性心不全のため78歳で死去した訃報を受け、「また1人…偉大な先輩が旅立ってしまったね」と偲んだ。

<< 下に続く >>

 「高木さんとの対戦は忘れることはない。何故なら3回デッドボールを当てちゃってるんだ」と回顧。「高木さんと言えば球史に残る二塁手 守備は上手いしバッティングはいやらしい。『温厚』と言ったってあの小柄な体でもってプロの第一線で体を張ってるんだから 根性や闘志は相当なものだっただろうね」と振り返った。

 「具合が悪いなんて聞いていなかったし…年齢は俺より6つ上かな。まだまだご活躍されるべき方だっただけに残念でならないよ」と悼んだ。

PR