強肩の阪神・梅ちゃんがバズーカ発射準備OK!盗塁阻止率、田淵氏超えだ - SANSPO.COM(サンスポ)

強肩の阪神・梅ちゃんがバズーカ発射準備OK!盗塁阻止率、田淵氏超えだ

更新

自主トレを公開した梅野。強肩が発動した(撮影・水島啓輔)  バズーカ、発動や! 阪神・梅野隆太郎捕手(28)が16日、沖縄・宜野座村の「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」で能見篤史(40)、岩貞祐太(28)、岩崎優(28)、横山雄哉(25)4投手と大山悠輔内野手(25)との合同自主トレを公開した。南国の空の下で強肩を披露。順調な仕上がりをみせた。

<< 下に続く >>

 矢のような送球が、乾いた音とともにグラブに収まった。シーズン中に見せていた、あの梅野のバズーカだった。気温21度の快晴も、肩の調子をぐんぐんと上げていた。

 「年が明けて個人的にはシーズンが始まるな、という気持ちでスタートした。今年は準備も早く、個人的にも順調に楽しく過ごせています」

 ウオーミングアップ、キャッチボールを済ませると、大山に二塁へ行くように指示した。入念に動きを確認しながらも、球筋は実戦さながら-。「開幕も早いので(例年より)1クール段階を上げて。キャッチボールも距離を取りながら早めにやっている分、投げられている」とうなずいた。

 藤井バッテリーコーチからは肩への宿題を出されていた。「『しっかり作ってくるように』といわれた。そこ(肩)でけがをしてしまうと、一年間を棒に振ってしまう」。昨季は盗塁阻止率・370(巨人・小林に次ぐセ・リーグ2位)で2年連続のゴールデングラブ賞に輝いたが、慢心は最大の敵。そして弱肉強食がプロの世界でもある。鍛え続けなければ終わる。藤井コーチからのハッパに応えたわけだ。

 新たな目標もできた。14日に野球殿堂入りを果たしたOBの田淵幸一氏(73)超えだ。現役時代の1970年にマークした同阻止率・552を伝え聞くと「めちゃくちゃすごいことだけど、超えていけたら」と意欲をみせた。

 「チームの顔になれるように、とやってきた。より引っ張っていかないといけない立場。チームで優勝をつかみたい」

 選手会長も3年目に入る。正確無比なバズーカの発射準備がもう整った。 (原田遼太郎)

PR