森敬斗らDeNA本社訪問 新社会人として南場オーナーと名刺交換 - SANSPO.COM(サンスポ)

森敬斗らDeNA本社訪問 新社会人として南場オーナーと名刺交換

更新

DeNAの南場オーナー(前列中央)と談笑するドラフト1位の森(同右)らルーキー=東京都内のDeNA本社  DeNAのドラフト1位ルーキー・森敬斗内野手(17)=桐蔭学園=ら新人7選手が17日、東京・渋谷区のDeNA本社を訪問。球団オーナーの南場智子代表取締役会長による研修を受けた。

<< 下に続く >>

 7人はまず「新社会人」として南場会長と名刺交換。緊張しながらも堂々とあいさつを交わす姿に南場会長も「初々しくていいですね。期待しています」と笑顔で迎えた。

 講義では、南場会長が「消えない記録の始まり。数字だけではなく難しい局面にどのように立ち向かうか、努力や対処の仕方が全て見られている。誠実に向き合ってください」と、プロとしての第一歩に自覚を促した。

 また、ファンに支えられているプロ野球界の代表として「ファンへの感謝の思いを心の底からもって、できるだけ表現していってください」と話すと、7人は真剣な表情でうなずいた。

 講義を聴き終えた森は「お客さんがいてファンがいてこそのプロ野球選手だとあらためて感じた。長くファンの方に愛され、応援される選手になりたい」と力強く誓った。

PR