ヤクルト・青木が若き大砲2人に“指令”!村上よ、中山よ、和製クリーンアップ形成せよ - SANSPO.COM(サンスポ)

ヤクルト・青木が若き大砲2人に“指令”!村上よ、中山よ、和製クリーンアップ形成せよ

更新

青木がロサンゼルスで練習を公開し、打撃練習などを行った。左奥は村上 (共同)  【ロサンゼルス8日(日本時間9日)=赤尾裕希】ヤクルト・青木宣親外野手(38)が当地で行っている自主トレーニングを公開した。同行している村上宗隆内野手(19)と中山翔太外野手(23)に和製クリーンアップの形成を期待した。

<< 下に続く >>

 「日本人の大砲が2人いたら、ヤクルトにとってもすごくいいこと。そう簡単に核はできない。日本人のクリーンアップがいたら、何年も活躍してくれるわけだから」

 昨オフは初めて同行した村上が才能を開花。プロ2年目で36本塁打、96打点を記録し新人王に輝いた。今回は、2年目を迎えた右の大砲候補・中山を新たに誘い「チーム青木」として寝食をともにしている。

 青木の言葉に2人は決意を新たにした。昨季35試合で5本塁打を放った中山は「いずれは、ではなくて(その座を)取りにいくつもり」。村上も「期待に応えられるように」と気合十分。長く主軸を担ってきたバレンティンがソフトバンクに移籍し、2人にかかる期待はおのずと大きくなる。

 5日に38歳になった青木自身も、早朝6時からランニングで汗を流すなど精力的。「また0からのスタート。なりふり構わずにやりたい」と意欲を示した。青木がつくった“燕の巣”から今季もスターを誕生させる。

PR