山口俊、ハワイで吉報待つ!V旅行後も滞在しメジャー球で自主トレ - SANSPO.COM(サンスポ)

山口俊、ハワイで吉報待つ!V旅行後も滞在しメジャー球で自主トレ

更新

 【ホノルル(米ハワイ州)13日(日本時間14日)=谷川直之】ポスティングシステムでの米大リーグ挑戦を目指す巨人・山口俊投手(32)が優勝旅行先でチームの帰国後もハワイに残って自主トレーニングを行うことを明かした。レンジャーズなどメジャーの複数球団が興味を示す中、MLB公式球を使ったメニューにも取り組む考え。交渉の動向次第では、そのまま米国本土に渡る可能性も出てきた。

<< 下に続く >>

 祝福ムードの優勝旅行でも、山口が気を緩めることはない。合間を縫ってランニングやジムでのトレーニングを続けている右腕は「旅行の中でも、僕自身はまだオフだとは思っていない」と気合を込めた。

 この日は、コースのところどころにヤシの木が生えたハワイらしい景色を望むカポレイ・ゴルフクラブで沢村、鍵谷、中川と同組でラウンド。強い日差しを浴びて顔は真っ黒になったが、浮かれた様子はなかった。

 視線の先にあるのは、メジャー挑戦を目指す来季の活躍だ。チームが日本に帰国する15日(日本時間16日)以降もハワイに残って今月下旬まで自主トレに励むことを明言。さらに、練習ではMLB公式球でのキャッチボールも開始する考えを明かした。

 DeNA時代の後輩で、同じくポスティングでメジャー移籍を目指していた筒香がレイズ移籍に合意した。山口は「決まれば、そうなると思います」と交渉がまとまれば直接米本土に渡る可能性もあるという。

 レンジャーズを有力候補に、カージナルス、ブルワーズなど複数球団が興味を示しており「僕がどうこう左右できる話じゃない。代理人の方にお任せしています」と吉報を常夏の島で待つ山口。心は既に“メジャーモード”だ。

PR