巨人・小林、1億円で更改!来季7年目「まさか」の大台 - SANSPO.COM(サンスポ)

巨人・小林、1億円で更改!来季7年目「まさか」の大台

更新

大幅昇給に、小林は表情を緩めた (撮影・赤尾裕希)  巨人・小林誠司捕手(30)が9日、東京・大手町の球団事務所で契約交渉に臨み、今季から4000万円増の年俸1億円で更改した。

<< 下に続く >>

 「僕がまさかそこまでいけるとは思っていなかったので、素直にうれしいですね。責任もついてきますし、自覚を持ってしっかりやりたい」

 球団では“大トリ”の交渉を終え、笑顔を見せた。評価されたのは、高い守備力と存在感。今季は炭谷の加入で、捕手は大城と3人併用。4年ぶりに100試合未満となる92試合の出場にとどまり、打率・244、2本塁打、19打点。それでも盗塁阻止率・419は12球団トップで、4年連続リーグトップだった。

 大塚副代表編成担当は「(盗塁を)企図させない。あの辺は評価しました」。さらに、際どい球を捕球技術でストライクと判定させる「フレーミング」の数値もトラックマンの計測では12球団トップだったといい、“見えない数値”も大幅増につながった。

 順調なら7年目の来季中に国内フリーエージェント(FA)権を取得するが「一年一年勝負なので。毎年毎年レギュラー争いをしている」と話すにとどめた。東京五輪について問われても「まずはレギュラーを取りたい。来年こそは日本一を目指して。そのためには100試合以上出たい」と誓った。充実したオフを過ごし、定位置奪取を狙う。 (赤尾裕希)

契約更改へ

PR