西武、スパンジェンバーグらを獲得 メヒアは残留 - SANSPO.COM(サンスポ)

西武、スパンジェンバーグらを獲得 メヒアは残留

更新

 西武は6日、新外国人選手としてコーリー・スパンジェンバーグ内野手(28)=183センチ、89キロ、右投げ左打ち=とショーン・ノリン投手(29)=193センチ、113キロ、左投げ左打ち=と契約に合意したと発表した。年俸はスパンジェンバーグが8000万円、ノリンが6000万円。

<< 下に続く >>

 ともに米国出身。スパンジェンバーグは今季、米大リーグのブルワーズなどでプレーした内外野守れる万能選手。2017年にパドレスで129試合に出場するなど大リーグ通算419試合に出場し、29本塁打を放った。ノリンは今季はマリナーズ傘下のマイナー3Aタコマでプレー。メジャー通算では8試合に登板して1勝3敗。

 今季で3年契約を終えたエルネスト・メヒア内野手(34)は残留が決まった。年俸は4億円減の1億円。今季は主に代打で起用され、75試合に出場して打率2割1分1厘、6本塁打、31打点だった。

 また、阪神を自由契約となった森越祐人内野手(31)の獲得も発表された。年俸は750万円。(金額は推定)

PR