阪神・高山、由伸氏から公開叱咤「まだ力の半分くらいしか出せていない」 - SANSPO.COM(サンスポ)

阪神・高山、由伸氏から公開叱咤「まだ力の半分くらいしか出せていない」

更新

高橋氏(右)からの激辛エールに、高山はレギュラー獲りへ意欲。中央は鈴木(撮影・福島範和)  “憧れの人”から異例の叱咤! 阪神・高山俊外野手(26)が29日、セ・リーグの「スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞年間大賞」に選ばれ、東京都内で行われた表彰式に出席した。特別ゲストとして前巨人監督の高橋由伸氏(44)が登壇。同じ東京六大学野球出身のスターから激辛エールを送られ、来季のレギュラー奪取へ気合を入れた。

<< 下に続く >>

 憧れの存在からの厳しい言葉に、高山が壇上で表情を引き締めた。表彰式のゲストとして登場した慶大出身の高橋氏から送られた異例の“激辛エール”。気合が入らないわけがなかった。

 「高山くんは私が監督になった年にドラフトで入ってきた選手で、同じ六大学出身ということでずっと見ておりましたけども。まだまだ力の半分くらいしか出せていないんじゃないかなというふうに思いますね」

 同じ千葉県出身で右投げ左打ちの外野手。明大出身の高山にとって「小さい頃、かっこいいと憧れてプレーしていた」という存在だった。2016年から3年間、巨人監督を務めたからこそのダメ出しも、期待の裏返し。「自分でやらなきゃいけないとわかっていましたけど、ああやって言ってもらえてより一層やっていきたいと思いました」と力を込めた。

 東京都内で開かれた「スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞年間大賞」の表彰式に出席。5月29日の巨人戦(甲子園)の延長十二回に放った代打サヨナラ満塁本塁打で、セ・リーグの年間大賞として選ばれた。球団では2014年の福留以来。劇的なひと振りで賞金200万円もゲットした。

 今季は105試合に出場し打率・269、5本塁打、29打点。糸井がけがで離脱した8月以降はスタメンにも定着し存在感を発揮した。16年に136安打を放ち、新人王に輝いた実力を思えば、まだまだこんなもんじゃない-。ポテンシャルの高さを知るからこそ、高橋氏の言葉にも熱がこもった。

 「三拍子そろっていて、タイガースに足りないところをたくさん持っている。高山くんがしっかり力を発揮してレギュラーになれば、得点力は上がる。彼が頑張ることで勝利に近づく可能性は高くなると思います」

 史上17人目となる代打サヨナラ満塁弾しかり、高山の勝負強さは健在。「たくさんの人に喜んでもらうために打てたらと思います」。5年目の来季はスタメンに名を連ね、虎党はもちろん、憧れの人の期待に応える。 (箭内桃子)

★高山の代打サヨナラ満塁本塁打VTR

 5月29日の巨人戦(甲子園)で、4-4の延長十二回1死満塁から代打出場。カウント2-0から池田の133キロをとらえ、右翼ポール際へ特大の今季1号満塁弾を放り込んだ。甲子園の巨人戦の連敗(1分けを挟む)が「9」でストップ。チームも2位に浮上した。

スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞年間大賞

 レギュラーシーズンを通じて最も劇的なサヨナラ打を放った、セ・パ両リーグの各1選手に贈られる賞。今季もセで42試合、パで35試合あったサヨナラゲームの中から「最も劇的な一打」が選出された。両リーグが第三者公式表彰として制定しており、受賞選手にはそれぞれオリジナルトロフィーと賞金200万円が贈られる。

PR