快諾!春も昌コーチ 阪神・藤浪、オフも昌さんの教え継続や - SANSPO.COM(サンスポ)

快諾!春も昌コーチ 阪神・藤浪、オフも昌さんの教え継続や

更新

藤浪(左)を指導する山本昌臨時コーチ。春も虎に戻ってくる  阪神秋季キャンプ(19日、安芸)秋季キャンプで阪神の臨時コーチを務めた元中日で通算219勝の山本昌氏(54)が、来年の春季キャンプも続投することが19日、わかった。球団からの要請に「快諾」。今キャンプで熱心にアドバイスを送り続けた藤浪晋太郎投手(25)を再び指導し、完全復活へ導いていく。

<< 下に続く >>

 安芸の澄んだ青空のように、レジェンドの顔もすがすがしかった。秋季キャンプで初めて虎戦士の指導にあたった山本昌臨時コーチが来年の春季キャンプでもコーチを続投することが内定した。

 「春は実戦で勝負ということになるので、またちょっと違うような感じになると思いますけど」

 前夜、谷本球団副社長兼本部長が山本昌氏と会談。「ご快諾いただきました」と明かした。

 続投はシーズン0勝からの完全復活を目指す藤浪ら虎の投手陣にとって朗報だ。今キャンプで山本昌氏は、初日から藤浪に熱血指導。制球を安定させるため腕を縦に振り、手首を立ててリリースするようにアドバイス。打ち上げとなったこの日も最後の最後までブルペンで“昌エキス”を注入し続けた。「せっかくここまで投げ込んだのでね、『あまり緩めないように』という話はしました」。オフはトレーニングの強度を緩め過ぎないように投手陣に呼びかけた。

 藤浪も「オフもそれなりにはボールを触ろうと思うので、忘れないようにしっかり投げられれば」と教えを意識してオフのトレーニングに励んでいく構え。「いい感じの部分はありましたし、まだまだやったばっかりなので、できていないこともたくさんありますけど、いいキャンプを過ごせたんじゃないかと思う」と充実の表情を浮かべた。

 「今回来ている投手コーチ3人には、非常に協力してもらって。いろいろ話し合いながらやらせてもらいました。今度、3人を助けてあげられるような形に持っていけたら」と山本昌氏。長い冬を越え、春が来れば再び沖縄で“昌塾”が始まる。投手陣のレベルの底上げはもちろん、藤浪再生へのプログラムもリスタートする。 (織原祥平)

PR