ロッテ・渡辺が100万円減で更改、10月に右肘手術「何も役に立てなかった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

ロッテ・渡辺が100万円減で更改、10月に右肘手術「何も役に立てなかった」

更新

契約更改を終えたロッテ・渡辺啓太投手  ロッテ・渡辺啓太投手(26)が19日、さいたま市内の浦和寮で交渉し、100万円減の年俸1000万円で契約を更改した。

<< 下に続く >>

 「何も役に立てなかったというか、何もできなかったです」

 福島県出身。NTT東日本から昨季、ドラフト5位で入団し、1年目から6試合(0勝1敗)に登板した。しかし、2年目の今季は、右肘を痛めた影響もあり、1軍登板なし。10月に右肘の関節鏡視下クリーニング術を受けた。

 現在は、来年2月の実戦復帰を目指してリハビリ中。「リハビリは順調にできている。キャンプからしっかりアピールしていかないといけないので、そこでいいアピールできるようにしたい。後がないというか、結果が出なければ終わりと思って、結果を残せるようにしたい」と勝負の3年目へ、力強く意気込んだ。

PR