山口、今オフにメジャー挑戦!巨人初のポスティングで - SANSPO.COM(サンスポ)

山口、今オフにメジャー挑戦!巨人初のポスティングで

更新

韓国戦では2本塁打を浴び、1回3失点と崩れた山口。日本でのプレーは、しばらく見られなくなりそうだ (撮影・甘利慈)  第2回プレミア12 決勝(17日、日本5-3韓国、東京D)巨人・山口俊投手(32)が米大リーグに挑戦する意向を持っていることが17日、分かった。移籍にはポスティングシステムを利用する必要があり、同制度の申請は巨人では初めてとなる。かねてメジャー移籍の希望を抱いており、球団側は今後、申請の可否について最終判断を下すが容認する見通し。山口は「プレミア12」の決勝・韓国戦(東京ドーム)に先発し、1回2安打3失点だった。

<< 下に続く >>

 山口が、大きな決断を下した。メジャーでのプレーは、DeNA時代から抱いてきた夢。鋭いフォークボールと高い奪三振率は以前からメジャー球団の評価が高く、2017年に国内フリーエージェント(FA)権を行使して巨人へ移籍した後も、その思いが変わることはなかった。

 この日の韓国との決勝では1回3失点で降板し、悔しさの残る大会となった。ただ、今季の巨人では15勝(4敗)を挙げ、防御率2・91をマークするなど大車輪の活躍。最多勝、最多奪三振(188)、最高勝率(・789)の“投手3冠”に輝き、5年ぶりのリーグ制覇に貢献した。

 そのシーズン終了後、改めて球団に思いを伝えたとみられる。ポスティングシステムはFAと違い、球団の容認が必要となる。これまで巨人は「FAは選手の権利、ポスティングは球団の権利」(球団幹部)と、制度の利用を一貫して認めてこなかった。02年オフの松井秀喜、08年オフの上原浩治らは、いずれも海外FA権を行使しての移籍だった。

 しかし、時代背景もあって、球団は徐々に態度を軟化させたもよう。17年にFAで加入する際、山口側が契約の「オプション」として設定したとの情報もある。

 水面下では既に山口と球団で複数回の話し合いがもたれ、巨人は来季以降も重要な戦力と考えていることを伝えている。ただ、山口の意志は固く、メジャー挑戦が実現する可能性は高い。

★この日の山口

 決勝は一回先頭への四球から2本塁打を浴びて3失点。ベンチへ戻ると稲葉監督から肩をたたかれ、この回限りで降板となった。台湾での1次ラウンド初戦、日本での2次ラウンド初戦に続いて3試合全てで失点し、「チームが勝って安心しています」と神妙な表情。「これが今の実力だと思う。いろいろな課題が出たので、しっかり来季に向けてやっていきたい」と懸命に前を向いた。

★ポスティングシステム

 プロ野球選手が海外FA資格取得前に米球界に移籍できる制度。日本野球機構(NPB)を通じて米大リーグ機構(MLB)に契約可能選手として通知される。17年オフまではNPB球団が2000万ドル(約21億7500万円)を上限に譲渡金の額を設定していたが、昨オフからは選手が結んだ契約金と年俸の総額によってNPB球団への譲渡金の額が決まる。出来高払いに対しても譲渡金が発生し、複数年契約の場合、年度ごとに15%がNPB球団へ支払われる。11月1日から12月5日までに申請することができ、交渉期間は30日間。

山口 俊(やまぐち・しゅん)

 1987(昭和62)年7月11日生まれ、32歳。大分県出身。柳ケ浦高から2006年高校生ドラフト1巡目で横浜(現DeNA)入団。09年に先発から救援に回り、1軍に定着。14年途中に先発再転向。16年には球団初となるCS進出に貢献した。同年オフ、巨人にFA移籍。18年には史上79人目のノーヒットノーランを達成。187センチ、98キロ。右投げ右打ち。既婚。背番号11。

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

PR