トラウト、3年ぶり3度目MVP ベリンジャーは初受賞 - SANSPO.COM(サンスポ)

トラウト、3年ぶり3度目MVP ベリンジャーは初受賞

更新

 米大リーグの最優秀選手(MVP)が14日に発表され、ア・リーグはエンゼルスの外野手トラウトが3度目、ナ・リーグはドジャースの外野手ベリンジャーが初受賞した。

<< 下に続く >>

 トラウトは打率2割9分1厘、45本塁打、104打点で2014、16年に続く栄誉となった。17年に新人王に輝いたベリンジャーは打率3割5厘、47本塁打、115打点でゴールドグラブ賞も獲得した。

 アの2位はアストロズの内野手ブレグマン、3位はアスレチックスの内野手セミエン。ナの2位はブルワーズの外野手イエリチ、3位は内野手レンドン(ナショナルズからフリーエージェント)だった。

 MVPはプレーオフ前に実施される全米野球記者協会会員の投票で決まる。(共同)

エンゼルス・トラウトの話「受賞には多くの意味がある。チームメートやコーチ、妻ら家族の支えがなければできなかった。毎年ベストを尽くそうとしているし、チームを勝たせるためにやっている」

ドジャース・ベリンジャーの話「夢見てきたことが実現して感動している。受賞した明確な理由は分からないが、自分に何ができるかを証明できた年だった。昨年から努力が実を結んできた感じ」

PR