ロッテ・藤原「力がついた」 初の秋季キャンプ終える - SANSPO.COM(サンスポ)

ロッテ・藤原「力がついた」 初の秋季キャンプ終える

更新

秋季キャンプを終え、取材に応じるロッテ・藤原外野手=千葉・鴨川市  ロッテは15日、千葉・鴨川市で行っていた秋季キャンプを打ち上げた。1年目の藤原恭大外野手(19)は、12日の最終クール1日目から合流。4日間の練習を終え「シーズンよりだいぶ振った。力がついた」と振り返った。

<< 下に続く >>

 1年目の今季は、1軍の開幕戦に「1番・中堅」で出場した。1軍で6試合に出場し、19打数2安打2打点。2軍合流後も実戦経験を積んだが、8月に左肩を負傷した。

 現在も本格的な投球はせず、治療に専念。「高校のときも1回やっているので、ある程度わかっている。今(無理して)投げてもそんなに意味はないので、その分しっかり振り込みたい。外野手は打たないと活躍できないので」と浦和2軍施設での秋季練習でも精力的に打撃練習に取り組み、前日14日の秋季キャンプで行われたシート打撃でも快音を残した。

 プロ入り後初のオフはウエートトレーニングを中心に、体づくりを行っていく。

PR