ヤクルト、金久保とジュリアスをAWBに派遣 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ヤクルト、金久保とジュリアスをAWBに派遣

更新

 ヤクルトは8日、11月23日から台湾で開催される「2019アジア・ウインター・ベースボールリーグ」(AWB)の参加メンバーの変更を発表した。

<< 下に続く >>

 市川悠太(18)、久保拓真(23)の両投手が参加を取りやめ、金久保優斗(20)、ジュリアス(22)の両投手が代わって出場する。10月に発表された清水昇投手(23)、古賀優大捕手(21)、吉田大成内野手(24)、浜田太貴外野手(19)は予定通り参加する。

 AWBは、NPBから紅・白の2チーム、台湾CPBL、韓国KBO、日本JABA(社会人)選抜、台湾味全ドラゴンズの計6チームが参戦し、12月15日までリーグ戦とプレーオフを合わせて56試合を行う。ヤクルトの選手は、NPB紅チームに所属する。

PR