荻野、ロッテ残留「まだまだ恩返しができていない」 10年目でGG賞初受賞 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

荻野、ロッテ残留「まだまだ恩返しができていない」 10年目でGG賞初受賞

更新

ゴールデングラブ賞を初受賞したロッテ・荻野  ロッテ・荻野貴司外野手(34)が31日、今季取得した国内FA権を行使せず残留すると表明した。ZOZOマリンスタジアムで取材に応じ、「いろんなけがをしたけど、10年間ロッテでお世話になって、まだまだ恩返しができていないなと思った」と語った。

<< 下に続く >>

 1年目から25盗塁を記録したが、毎年のように故障に悩まされ、10年目の今季、初めて規定打席に到達。125試合に出場し、自己最高の10本塁打、28盗塁。リーグ3位の打率・315をマークした。この日、初めてゴールデングラブ賞の受賞も決まり「器用ではないので、がむしゃらにしかできない。素直にうれしい」と笑顔を見せた。

 球団からは今季年俸4500万円から大幅増の複数年契約が提示される見込み。「リーグ優勝はできていないので、優勝というのを一回は味わいたいと思う」。歓喜を目指し、“幕張のいだてん”が来季も駆け回る。(浜浦日向)

FA有資格選手へゴールデングラブ賞

PR