楽天・藤平、自責1も5失点を反省 ファーム日本選手権 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

楽天・藤平、自責1も5失点を反省 ファーム日本選手権

更新

 ファーム日本選手権(5日、KIRISHIMAサンマリン宮崎)ウエスタン・リーグ覇者のソフトバンクがイースタン・リーグ優勝の楽天を6-3で下し、4年ぶり4度目の優勝を果たした。

<< 下に続く >>

 楽天・藤平は四回途中5失点で敗戦投手となった。三回に三塁手の後逸で2点を先取され、四回にも2失策が絡んで失点。自責点1だったが「投手のテンポの悪さで守備のミスが増えることもある。自分の責任だと思わないと野球にならない」。入団1年目の2017年はCSに登板。今季は1軍がCSを戦っている同時刻にファーム選手権のマウンドに立ち「ここで投げたことが悔しい。必要とされるようにならないと」と成長を誓った。

楽天・三木2軍監督「緊張感のある一発勝負では、より一つのプレーの重みが増す。ここで力を出せなかったことをしっかり反省し、今後の力に変えないといけない」

PR