阪神・横田が引退 脳腫瘍から実戦復帰ならずも「まったく悔いはありません」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神・横田が引退 脳腫瘍から実戦復帰ならずも「まったく悔いはありません」

更新

記者の質問に涙する阪神・横田=阪神球団事務所(撮影・宮沢宗士郎)  脳腫瘍からの実戦復帰を目指していた阪神・横田慎太郎外野手(24)が22日、引退を表明し西宮市内の球団事務所で会見を行った。

<< 下に続く >>

 「この2年半すごく苦しかったですけど、自分が野球をやりたいと思っての決断なので、まったく悔いはありません」

 2013年にドラフト2位指名されて鹿児島実から阪神入り。金本監督が就任した3年目の16年には開幕スタメン入りを果たすなど、強打の外野手として期待をかけられていた。しかし翌17年に脳腫瘍が発覚し、約半年間の闘病。同年オフに育成契約となり背番号が24から124に代わり、復帰を目指してトレーニングを続けてきた。

 しかし再び公式戦のグラウンドに立つことはかなわず、ユニホームを脱ぐことに。「1番に目のことが大きいです。自分で打った打球もまったく見えず、ピッチャーに投げてもらった球も二重に見えたり、守備の際もボールが二重で飛んできたり。目の方がぼやけることが多かったので、来シーズンこれを続けても厳しいかなと思い、決断しました」と苦しんできた胸の内を明かした。元ロッテの父・真之さんについて話し際には、言葉に詰まり涙ぐむ場面もあった。

 球団はポストを用意してすでに打診もしており、引退セレモニーの開催も調整している。

PR