ロッテ・種市、登場曲ドッキリ大成功に仕掛け人もニンマリ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ロッテ・種市、登場曲ドッキリ大成功に仕掛け人もニンマリ

更新

先発したロッテ・種市=ZOZOマリン  ロッテの種市篤暉投手(21)が22日、日本ハム24回戦(ZOZOマリン)に先発。8回5安打無失点、9奪三振の好投でチームトップの8勝目を挙げた。

<< 下に続く >>

 連敗ストップを託され、種市が一回のマウンドへ向かうと、いつものおしゃれな洋楽「High Hopes(Panic At The Disco)」ではない登場曲が流れた。不思議なラップ調の音楽。同じ青森出身の歌手・吉幾三が9月12日に発表したばかりの津軽弁ラップ「TSUGARU」だった。

 仕掛け人は青森出身の大先輩、細川だった。「いたずらです」と変更を提案。予告なしの“ドッキリ”にも動じることなく好投した右腕に「打たれたら謝ろうと思ったけど、よかったです」と笑顔を見せた。連敗で暗くなりかけたチームに明るさが戻った。

 1・5ゲーム差で追う3位・楽天がデーゲームで西武に勝利。CS進出へ、これ以上負けられない一戦で、今季初勝利から一気にブレークした右腕が踏ん張った。自身の力投から始まった日本ハム戦の連勝も8まで伸びた。強心臓の21歳がチームの希望をつないだ。

試合結果へ

PR