DeNA、快進撃終わる ラミレス監督「何も恥ずべきことはない」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

DeNA、快進撃終わる ラミレス監督「何も恥ずべきことはない」

更新

戦況を見守るDeNA・ラミレス監督=横浜スタジアム(撮影・甘利慈)  (セ・リーグ、DeNA2-3巨人=延長十回、24回戦、巨人13勝11敗、21日、横浜)DeNAの快進撃が終わった。1点リードで九回2死までこぎ着けたが、守護神の山崎が同点打を許し、最後は三嶋が打たれた。後半戦の快進撃を支えた自慢の救援陣が力尽き、ラミレス監督は「うちのベストの投手でこうなった。仕方のないこと」とかばった。

<< 下に続く >>

 4月の10連敗など最大で11あった借金生活から劇的に立て直し、優勝争いを演じたが、終盤は故障者が続出。主砲の筒香も右手のけがで大一番の2戦を欠場した。監督は「選手はよくやった。何も恥ずべきことはない。2位から日本一というプランBの目標に切り替える」と話した。

試合結果へ

PR