ヤクルト・塩見、“壁越えた”プロ1号!猛打賞も初 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ヤクルト・塩見、“壁越えた”プロ1号!猛打賞も初

更新

5回、本塁打を放つヤクルト・塩見泰隆=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)  (セ・リーグ、阪神0-8ヤクルト、25回戦、阪神14勝9敗2分、19日、甲子園)ヤクルト・塩見泰隆外野手(26)がプロ初本塁打を含む3安打2打点の活躍で、チームの8-0での大勝に貢献。「(本塁打は)入るとは思わなかった。めちゃくちゃうれしいです」と笑みが絶えなかった。

<< 下に続く >>

 秘めていた身体能力を爆発させた。五回2死二塁で、高橋遥の140キロの直球を右中間席まで運んだ。一、七回にも安打を放ち、プロ初の猛打賞。4出塁で4度生還と、存在感を見せた。

 2軍やオープン戦では結果を残してきたが、“1軍の壁”に阻まれ続けてきた。「自信がなくて、当てにいくスイングだった。いいスイングができました」と手応えをつかんだ。帝京大時代は練習場に出没したイノシシを追いかけ回し「併走していた」という伝説も持つ塩見が、成長した姿を見せた。 (横山尚杜)

試合結果へ

PR