楽天・銀次が先制打「平常心で積極的に臨めたのが良かった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

楽天・銀次が先制打「平常心で積極的に臨めたのが良かった」

更新

1回、中前に先制打を放つ楽天・銀次=ZOZOマリン  (パ・リーグ、ロッテ0-2楽天、25回戦、ロッテ13勝10敗2分、19日、ゾゾマリン)楽天の銀次が先制適時打を放って勝利に貢献した。一回2死一、二塁で、小島の外角スライダーに食らい付いて中前へ運び「片手になったが、高めだったのでうまく打てた。チャンスでも平常心で積極的に臨めたのが良かった」と喜んだ。

<< 下に続く >>

 クライマックスシリーズ(CS)進出を激しく争うロッテとの今季最終戦を制して3位に浮上した。平石監督は「一回の好機で点を取れたことが大きかった」と主将をたたえた。

足立(則本昂をリードし)「ブルペンでは良くなかったが、尻上がりに球が走った。カーブも腕が振れていて良かったし、何より丁寧だった」

試合結果へ

PR