西武・本田、六回途中6失点で反省6敗「いつもより、1個分高いボールが多かった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

西武・本田、六回途中6失点で反省6敗「いつもより、1個分高いボールが多かった」

更新

先発の西武・本田=メットライフドーム(撮影・加藤圭祐)  (パ・リーグ、西武3-9ロッテ、24回戦、西武15勝8敗1分、16日、メットライフ)本田は六回途中まで6失点で6敗目を喫した。四回までは散発3安打に抑えていたが、2-0の五回、藤岡にソロを浴びると、六回には4長短打と2四球で降板を告げられ「先頭打者を出してしまったことが悔やまれる」。今季4勝と好相性だったロッテに5戦目で初黒星。奪ったアウトはフライによるものが多く「いつもより、1個分高いボールが多かったんだと思う」と反省した。

<< 下に続く >>

試合結果へ

PR