「ディー、雄星、今日は泣くなよ」イチローさん、英語で約5分間スピーチ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

「ディー、雄星、今日は泣くなよ」イチローさん、英語で約5分間スピーチ

更新

マリナーズが開催した特別功労賞授与式でスピーチするイチローさん=シアトル(共同)  【シアトル(米ワシントン州)14日(日本時間15日)】ホワイトソックスとの試合前にイチロー氏(会長付き特別補佐)の球団特別功労賞の授賞式が行われ、同氏もマイクの前に立った。冒頭で「とても緊張しています」と切り出したものの、約5分間のスピーチを堂々と英語で行っている。以下、英語スピーチ和訳。

<< 下に続く >>

 ありがとう。今、凄い緊張してます。

 でも、始めましょう。

 ディー(・ゴードン)、雄星、今日は泣くなよ。泣くのはなしだ。これはハッピーな機会なんだ。

 東京で引退したとき、なにかが足りない、という気持ちになりました。それは、シアトルのファンがあそこにいられなかったからでしょう。だから今夜は、長年、私を支えてくれたことに対する感謝の気持ちを、皆様にお伝えしたいと思います。

 私が2001年にシアトルに来たとき、日本から来た野手はいませんでした。あなた方が獲得したのは、27歳の小さな、痩せた選手でした。

 あのとき、あなた方が私を受け入れたくない気持ちもよく分かりました。しかし、あなた方は腕を広げて迎え入れてくれました。そして、私がチームを離れたあとも、それをやめようとしなかった。だから、2018年に復帰できたときは嬉しかったし、その理由はファンにありました。

 シアトルの皆さん、ありがとう。私は同時にアメリカ中――ニューヨークやマイアミ、ビジターとして訪れた街のファンにも感謝したい。アメリカでは本当に野球が国技として親しまれています。そんな野球を愛する人達の前でプレーできたことは、本当にハッピーでした。

 私が知っている偉大な選手らを相手に戦えたことも、私の誇りです。彼らこそ私のレベルを高いところへ引き上げてくれた。

 今は、フランチャイズにチャンピオンシップをもたらしてくれるであろう、若くて、才能のある選手たちと一緒の時間を過ごしていますが、そこにも喜びを感じています。

 言葉やカルチャーが違っても、さらに言えば、年の差が20歳もあっても、彼らの近くにいることが楽しい。なぜなら、彼らから野球を愛していることを感じられ、そのことはかけがえのないものなのです。

 私のキャリアを振り返ったとき、もしも誇りに思えることがあるとしたら、日々の挑戦を乗り越え、野球に対する情熱を2001年の初日から、2019年の最後まで持ち続けることが出来たことです。まもなくシーズン最後の日を迎えますが、すべての選手には、プロフェッショナルとはなにか、思い出してほしいと思います。

 この最後の日々は、初日や、シーズン中の日々と同じぐらい、重要なのです。毎日、私達は、同じ情熱を持って仕事をしなければいけない。そうしていいパフォーマンスをみせることは、この特別な試合を楽しみに足を運んでくれるファンに対する最高のギフトなんです。

 マリナーズには、私が愛する街でプレーするチャンスを与えてくれたことを感謝したい。そして私の家族にも、常にサポートしてくれたことに対し、お礼をいいたい。

 さて、野球を始めましょうか。

PR