阪神・矢野監督が明言!鳥谷は最後まで1軍帯同「そんなん、当たり前やん」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神・矢野監督が明言!鳥谷は最後まで1軍帯同「そんなん、当たり前やん」

更新

矢野監督は鳥谷の1軍帯同を明言。最後まで一緒に戦う  2軍には落とさない! 阪神・矢野燿大監督(50)は2日、今季限りでの退団が決まった鳥谷敬内野手(38)を今後も1軍で起用していくことを明かした。3日からはDeNA(横浜)、広島(マツダ)とクライマックスシリーズ(CS)圏内をかけての直接対決6連戦。戦力として、起用する。

<< 下に続く >>

 あくまでも、戦力だ。残り20試合。鳥谷の力が必要だ。今季限りでの退団が決まっていても、矢野監督は1軍に残すことを言い切った。

 「そんなん、当たり前やん」

 今季先発は8試合だけ。主に代打で打率・208。打点も本塁打もなく、得点圏では40打席連続適時打なし。球団が鳥谷に対し、来季構想から外し、引退勧告をしたが、指揮官にとって、2軍に降格させるという考えは一切なかった。

 「俺はチームも大事やし、トリ(鳥谷)も大事なわけよ。でもどっちを、になった場合には、それは俺は監督という立場として、それ(チーム)を取らないわけにはいかないじゃない?」

 もちろん、単に情で動いているわけじゃない。

 「でも、トリも使ってやりたいし、トリもそういう思いで戦ってきているのは、俺ももちろん分かっているから」

 来季も現役続行することを希望している鳥谷にとっては2軍で立て直す方がいいかもしれない。でも、球団史上最多の2082安打を放ってきたレジェンドの最後が、これでは寂しすぎる。

 「CSから日本シリーズまでいければ、それはそれで最高のことやし。現状で俺らができることって、そういうことしかないんで」

 実際、練習熱心な鳥谷を尊敬する選手は多い。前カードの巨人に勝ち越し、3位広島に2ゲーム差に迫ってのDeNA、広島との対決。ここまでくれば勢いだけでは前に進めない。経験の差がものをいう。監督として最善を尽くし、CSへと導くため、鳥谷は欠かせない。

 「本当に目の前の1試合を高校野球のように取っていくしかないんで。そういう野球を残り20試合、やりきるしかないと思う」

 就任1年目の最大の山場。鳥谷とともに、終える。矢野監督が最後まで背番号1の力を信じている。 (大石豊佳)

PR