ヤクルト・山田哲、同一シーズン32連続盗塁成功!足も記録ラッシュも止まらない - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ヤクルト・山田哲、同一シーズン32連続盗塁成功!足も記録ラッシュも止まらない

更新

山田哲は五回、二盗を決め、同一シーズンで32連続盗塁成功のプロ野球記録を樹立した (撮影・門井聡)  (セ・リーグ、中日7-1ヤクルト、21回戦、中日12勝9敗、30日、ナゴヤD)ヤクルト・山田哲人内野手(27)が30日、中日21回戦(ナゴヤドーム)の五回に二盗を決め、成功率100%の今季32盗塁。1964年に南海・広瀬叔功がマークした同一シーズン31連続盗塁成功のプロ野球記録を55年ぶりに更新した。

<< 下に続く >>

 「スタートが切りづらかったが、カウントや牽制(けんせい)の回数でいける確信があった」

 試合に敗れたため、控えめな口調で振り返ったが、昨季からは37盗塁連続成功。失敗しない男の脚力が際立っている。

 コンディション不良を訴えて途中交代した25日の阪神戦(神宮)から4試合無安打。状態が懸念されたが、この日はチーム唯一の得点となる五回の適時打を含む2安打を放った。4連敗となったチームで気を吐き、「走塁以外でも3番という大事なところを打たせてもらっているので」と自覚を口にした。

 最下位に沈み、借金は今季ワーストの25。「チャンスで打てたのはよかった。明日につながればいい」。低迷する中で、1つでも多くの白星を積み重ねる。 (横山尚杜)

★今季達成、山田哲の偉業

 ◆33連続盗塁成功(23日の阪神戦、神宮) 一回に二盗し、今季28盗塁。昨年8月26日のDeNA戦(神宮)から続く連続成功を33に伸ばし、ソフトバンク・福田秀平が2011-15年にマークした32を抜いて新記録を打ち立てた。

 ◆4度目の「30-30」(29日のDeNA戦、横浜) 四回に二盗し、今季30盗塁。本塁打は30号に達しており、同一シーズン30本塁打、30盗塁以上は15、16、18年に次ぐ4度目。西武・秋山幸二の3度(87、89、90年)を上回る史上初の快挙となった。

データBOX

 〔1〕ヤクルト・山田哲が五回に盗塁を決め、今季は失敗なしの32連続盗塁成功。1964年に南海・広瀬叔功がマークしたシーズン31連続盗塁成功を抜いて、プロ野球新記録を樹立した。また、昨年8月26日のDeNA戦から続く連続盗塁成功を37に伸ばし、自らの持つプロ野球記録を更新。

 〔2〕MLB公式サイトによると、MLBの連続盗塁成功記録は88-89年にビンス・コールマン(カージナルス)が樹立した「50」。06-07年にイチロー(マリナーズ)が記録した「45」はア・リーグ記録。

試合結果へ

PR