阪神・鳥谷が進退へ重大発言…今季ラスト神宮、虎完敗の中「自分も最後かもしれない」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神・鳥谷が進退へ重大発言…今季ラスト神宮、虎完敗の中「自分も最後かもしれない」

更新

神宮での最終戦後、鳥谷から「自分も最後かも」と重大発言が飛び出した(撮影・山田喜貴)  (セ・リーグ、ヤクルト5-1阪神、20回戦、阪神12勝6敗2分、25日、神宮)阪神・鳥谷敬内野手(38)が25日、神宮では今季最後となるヤクルト戦後、「自分も最後かもしれない」と自身の進退について重大発言をした。年俸4億円の5年契約最終年となる今季は出場機会が激減。この日も代打で遊撃内野安打と健在ぶりをみせたが、虎一筋16年の鉄人が現役生活にピリオドを打つ可能性が出てきた。

<< 下に続く >>

 どんな日もグラウンドに立ち、戦ってきた。そんな男の口から、ついに「最後」という言葉がこぼれた。虎党が語りかけてくる三塁側ファウルグラウンドをゆったりと歩きながら、鳥谷が進退について重大発言だ。苦悩のシーズンも、最終盤に差しかかった。早大時代から立ち続けてきた神宮での今季最終戦だったがと問われ、こう語った。

 「神宮というか自分も最後かもしれないので、いい打席だったと思います」

 自分も最後-。聞きたくなかった言葉を、ここで自ら口にした。「いい打席」となったのは、1-5で迎えた九回一死走者なしだった。マクガフにカウント2-2と追い込まれながらも、しぶとく遊撃内野安打。相手の隙をついて二塁を陥れた(記録は野選)。今季は打率・211(76打数16安打)、0本塁打、0打点。5年契約最終年の16年目に残っているのは、厳しすぎる数字だった。

 ただでさえ、昨年12月の契約更改交渉の席でも「野球を続けられるのか辞めなきゃいけないのか、大事な1年になる」と覚悟して踏み出した1年。「最後」ということが頭をよぎっていたのは、ファンだけでなく鳥谷自身もだった。

 この夜の一打で積み重ねた安打は球団最多を更新し続ける「2082」となり、誰も歩んだことがない道を歩み続けてきた。打率・236と不振に陥った2016年に、連続フルイニングが歴代5位の「667」で途切れたが、翌17年に打率・293、三塁手としてゴールデングラブ賞も獲得するなど復活を果たした。

 18年はプロ15年目にして初めて規定打席に届かず、打率・232。ルーキーだった04年から続けてきた連続試合出場が「1939」で止まった。だが今季は、矢野監督の昨秋の就任直後に「遊撃一本」での勝負を直訴していた。38歳にして、木浪、北條らに真っ向から勝負を挑んでいった。

 開幕から続いてしまっていた得点圏の「連続打席無安打」は、今カード初戦の23日に五十嵐から三塁内野安打を放ってストップさせていた。得点圏打率・031(32打数1安打)は、たしかに鳥谷敬という男にとっては、考えられない数字ではある。それでも8月はすべて代打で11打席に出場し、打率・444(9打数4安打)、2四球と快音も多く響かせてきた。復調の兆しは、今まさに出てきている。

 この神宮球場での試合前練習では、打撃練習後に外野グラウンドでの打球捕を行う姿もあった。これまでには見られなかった姿で、大学時代から慣れ親しんだ地を、感慨深く、踏みしめているようにも見えた。

 九回の一打については「あきらめないというか、打席に立ったら塁に出たいので」とも語った。残り24試合。27日には甲子園に帰る。「最後」を思いながら、鳥谷は全力で戦い抜く。

★今季にかける鳥谷あらかると

 ◆引退覚悟 2018年12月5日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸4億円でサイン。5年契約の最終年となる来季は「野球を続けられるのか辞めなきゃいけないのか、大事な1年になる」と引退を懸けて挑む決意を口にした

 ◆家族愛で甦る 沖縄キャンプ休日の今年2月8日、フリーアナウンサーの梅田淳氏とサンケイスポーツ特別対談で、愛する家族のため、「もう一回、グラウンドに立ち続けている姿を見せたい」と笑顔で激白

 ◆矢野監督がバースデー檄 6月26日、甲子園で全体練習。矢野監督は今季打点&本塁打なしで38歳を迎えた鳥谷に「このまま終わっていいと思っているわけない」と奮起を促した

鳥谷 敬(とりたに・たかし)

 1981(昭和56)年6月26日生まれ、38歳。東京都出身。聖望学園高、早大を経て2004年D自由枠で阪神入団。05年は遊撃手として全試合出場で優勝に貢献。昨季は04年9月9日から続いていた歴代2位の連続試合出場が「1939」でストップした。今季は55試合出場、打率・211、0本塁打、0打点。通算2150試合出場、打率・280、2082安打、138本塁打、818打点。ベストナイン6度、ゴールデングラブ賞5度。13年WBC日本代表。180センチ、79キロ。右投げ左打ち。年俸4億円。既婚。背番号「1」

試合結果へ

PR