阪神・陽川、大暴れ!スコアボード直撃2ラン含む4安打3打点 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神・陽川、大暴れ!スコアボード直撃2ラン含む4安打3打点

更新

 (ウエスタンリーグ、オリックス2-11阪神、25日、高槻)阪神・陽川尚将内野手(28)が25日のウエスタン・オリックス戦(高槻)でスコアボード直撃の今季5号弾丸2ランを含む4安打3打点と大爆発。1軍再昇格へ猛アピールした。先発の横山雄哉投手(25)は4回2安打1失点。試合は21安打の猛攻で11-2と大勝した。

<< 下に続く >>

 ドゴン! 鈍い音が深緑の高槻球場に響き渡った。8-2の七回2死一塁。陽川が左沢から弾丸ライナーでスコアボード直撃の今季5号2ランをかっ飛ばした。

 「いい形で打てました。練習から打球(の角度)をあげるより、ライナーを打つようにやっています」

 一回の左中間への適時二塁打、五回、六回のシングルヒットはいずれもライナー性の軌道を描いた。もともと飛ばす力は折り紙付き。意識の変化が4安打3打点とさっそく結果に表れた。

 平田2軍監督も「(陽川の場合)ヒットの延長線がホームランよ。強いライナーを打つイメージで素晴らしい打球がいく。この間(2軍で)につかんでほしい」と期待を込めた。19日の抹消後、黙々とバットを振ってきた陽川は「こういう結果を続けるなかで、配球も考えてやっていきたい」と力を込めた。 (新里公章)

PR