阪神・近本、赤星超え129安打!虎新人安打記録で後藤次男に並ぶ歴代3位 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神・近本、赤星超え129安打!虎新人安打記録で後藤次男に並ぶ歴代3位

更新

近本は九回、二塁打を放ち、129安打目。球団新人記録で3位タイに浮上した  (セ・リーグ、ヤクルト4-7阪神、19回戦、阪神12勝5敗2分、24日、神宮)近本が最後の最後に、また大きな一歩だ。4打数無安打で迎えた九回2死で、左中間二塁打。球団新人の安打記録で1948年の後藤次男に並び歴代3位タイの129安打とした。

<< 下に続く >>

 「最近ああいう、逆方向への強い打球が少なかった。いい形で1本出て良かったです」

 3点のリードはあったが、神経を研ぎ澄まして仕留めた。カウント3-1から近藤が投じた145キロをはじき返し、鋭く左中間を割った。5打数1安打で、チームの2戦ぶりの先発野手全員安打も完成した。

 前日23日に2安打して並んでいた赤星憲広の128安打を一夜にして超え、71年前の記録にまで到達。球団で上にいるのは2位の坪井智哉氏(98年、135安打)、そして1位の高山(2016年、136安打)だけになった。シーズン換算すると「156安打ペース」で、長嶋茂雄(巨人、1958年)が持つセ・リーグ記録の153安打も、まだまだ射程圏内だ。

 「(記録は)全然気にしていないです」と冷静に闘う姿が、何とも頼もしい。 (長友孝輔)

試合結果へ

PR