ヤクルト、阪神戦の今季負け越し決定 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ヤクルト、阪神戦の今季負け越し決定

更新

4回途中で降板したヤクルト・田川=神宮球場(撮影・門井聡)  (セ・リーグ、ヤクルト4-7阪神、19回戦、阪神12勝5敗2分、24日、神宮)四回に逆転を許し、阪神戦の今季負け越しが決まった。小川監督は四回1死二、三塁で梅野に2点二塁打された場面を挙げ、「一塁が空いている中で(敬遠を)指示しなかった。俺の方の判断ミス。カウントが不利になればと思っていた」と振り返った。ハフが上半身のコンディション不良で抹消される中、九回には近藤が右肩付近に打球を受けて降板し、登録抹消が決まった。

<< 下に続く >>

プロ初先発も四回途中6失点で降板し、登録抹消が決まったヤクルト・田川「ストライクゾーンで勝負しすぎた。(課題は)走者を出した時の投球です」

試合結果へ

PR