前日快投のDeNA・東が抹消 左肘張りも登板日変更は歓迎!? - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

前日快投のDeNA・東が抹消 左肘張りも登板日変更は歓迎!?

更新

 DeNA・東が前日23日の巨人戦(東京ドーム)で8回1失点と好投し、約3カ月ぶりの4勝目を挙げた。ラミレス監督によれば左肘の張りだという。

<< 下に続く >>

 今季はけがの影響で、安定して先発ローテの一角を担うことができていないが、巨人戦後のラミレス監督も「これからは先発ローテで回ってもらいたい」と復調を確信していた矢先の離脱。24日の朝、登板一夜明けの状態チェックをしたところ張りが認められたという。

 「張りは(完治までの日数が)わかりにくい」と程度を明かさず「最短(10日間)で戻ってほしい」と話すにとどめた。仮に東の程度が軽ければ、9月3日からの阪神との3連戦での復帰が可能だ。

 このカードに投げると、翌週に“お得意様”としている巨人戦(10-12日)のどこかに投げ、1週間以上の間隔で20日の巨人戦、中6日で27日の巨人戦に登板できる。今季はコンディションに苦しんだ東だけに、間隔に十分な余裕をもって残りの登板をチームとして苦手にしている阪神、首位・巨人に先発することができる。

 東の離脱は痛いが、早期復帰が実現すれば終盤の猛追へ、東が理想的な日程で投げることができる。チームもファンも頼れる左腕が軽症であることを祈るばかりだ。

PR